塾と学校そして教育について考える。

昔は塾に行っているとすごいと言うイメージがあったが、今の時代は行くのが当たり前の時代になっています。
確かにいい大学に入っていい仕事に就くには、勉強ができなくてはならない時代なのです。
学校の授業は受験に必要でないことも教えるかんじで、体育などがそれにあたります。
塾に関しては、受験に出るポイントを調べ上げてそこを重点的に教えるやり方です。
過去の問題の傾向などを調べて、出る問題を当てる塾のデータ収集能力はすごいの一言で頭がさがります。
もちろん朝から晩まで勉強をしている子供達にも素晴らしいの一言です。
最近ではインターネットなどを使った教育などもはじまり、これから未来の教育がどのように変わっていくのかが楽しみです。
子供達は世界の宝なので、たくさん学んでこれからの世界をよりよい方向に変えてほしいと思います。
教育とはたくさんの人達から学んで、この学んだ知識を活かし自分の為に人の為に何かをして、何かを作り上げて、その知識をまた誰かに教えての繰り返しだと思います。