塾へ通うことの必要性について

近年は小学生の時から塾へ通って勉強をしている学生も増加しています。
やはり学校の授業を受けて、自宅で勉強をすることだけでは将来的に大学受験を突破することは難しいのが現状です。
学校の授業だけで大学受験を乗り切るのが難しいのには理由があります。
その理由の一つとしては、学校の授業時間は限られており異なった学習状況の生徒を一度に指導するため一人一人に合った適切な指導をすることができないからです。
そして現在の大学受験では学校の授業だけでは解くことが難しい問題も出題されているため、塾で受験に特化した学習をするようになっています。
これが現在の日本教育の現状であり、大学進学を希望している学生の親は経済的な負担を強いられてしまうことも問題となっています。
けれども学校外の勉強により学習をする意欲が出てきたり、知識を得て成績が向上することも多くあるのが事実です。
やはり子供達の学習をより発展させていくには塾は必要な存在であると言えます。